Name
E-Mail
URL
Subject
Message
Font Color
File
Delete Key
[00003]
アピールするように訳してみました (2010/11/22 12:00:33)
こんな感じでいかがですか?

”In FY 20XX, I made it one of my goals to communicate my thoughts regarding assignments to my manager and colleagues as clearly as possible, since it's important for our team to share ideas and feelings in order to help each other.

"As for the XX program that started QX in FY20XX, I helped the team improve quality of instruction services, working together with business partners."
[00002]
年次業務評価です、英訳お願いします (2010/11/22 11:59:28)
以下の和文を英文にしてもらえませんか?
「日ごろから自分の仕事に対する考えをマネージャや関係者に伝える努力をしています。
    
とくにインストラクタ業務にとってチームワークは最も重要な要素であると考えるため、同僚の要求を把握する努力をしています。
また、20XX年度QXから始まったXXXプログラムについてはパートナーサポートチームとの連携でより充実したトレーニングを提供することができました。」
[00001]
脚注がわかりません magicdesk (2010/07/30 19:02:41)
これって脚注なんですが訳してもらえませんか?
  
1 ‘seiend’. Heidegger translates Plato’s present participle ov by this present participle of verb ‘sein’ (‘to be’). We accordingly translate ‘siend’ here and in a number of later passages by the present participle ‘being’; where such a translation is inconvenient we shall resort to other constructions, usually subjoining the German word in brackets or in a foot note. The participle ‘seiend’ must be distinguished from the infinitive ‘sein’ which we shall usually translate either by the infinitive ‘to be’ or by the gerund ‘being’.
この意味はこんな感じです magicdesk (2010/07/30 19:03:20)
プラトンは「存在」という言葉をギリシャ語の現在分詞で書いたが、ハイデッガーはそれをドイツ語の動詞「sein(存在する)」の現在分詞に置き換えている。したがってわれわれもここでドイツ語の「seiend」を英語の現在分詞「being」に置き換えた。これは本書の他の部分でもそうなっている。括弧や脚注でいちいちドイツ語の原語を示してもいいが、それではうるさくなってしまう。分詞の「seiend」は不定詞の「sein」とは区別すべきだ。英語に置き換える際は不定詞の「to be」と動名詞の「being」を用いた。
[1]